2017年6月22日の21時台の全国ニュースで特集されてました。すでに過去ですが2015年から東京多摩地区で人口減少が始まって、2035年には23区も総崩れという予測です。
当然ながら、減少率が高いのは高齢層では無くて若年層と壮年層ですから、人口減少すなわち労働者減少ということです。

労働者が居ないのに、介護労働力不足を叫んでもどうにもなりません。時給上げても足りないはずです。

そんな状況で求められる解決策を当社では用意しております。弊社の事業リストをご覧ください。