介護支援デバイスを旗印に意見交換をしては様々なご指摘を頂いております。

勤労世代の都市部集中や、独居率増加傾向があるので、高齢になってからの集団生活(グループホームや高齢者施設)に忌避感を持つ方もいそうです。
家族はもちろん、他者との集団生活が無理なら、在宅独居になってしまいます。事故や急病の際は、自分自身はあてにならないので、第三者の目が必須です。現実に、独居世帯孤独死事例に身近に接してきただろうB2Cサービス事業者が自社体制に定期巡回を組み入れる事例が増えてきました。
郵便局や食品宅配事業者さんの配達スタッフに委託するケースや、ガスや電気の消費量から生活反応を推定して危機察知するサービスとして提供しています。

ヤクルト愛の訪問事業読売新聞蕨東京ガス

見守り事項や駆け付け体制等の要求は、世帯ごとに事情が異なると思います。弊社では引き続き情報収集に努め、いつでも最適なサービスをご紹介できるよう努めてまいります。
リサーチ結果にご興味があるかたは、弊社にお問い合わせください。

日本郵政株式会社の在宅高齢者みまもりサービスは
2017年で終了するそうです。残念ですね。日本郵政みまもり終了

 

日本郵政みまもり終了