人感センサー付きの照明器具を介護部屋につけるときは、以下に気をつけて選びましょう。

  • 自動消灯時間が十分長い
    手軽に買える機種は、廊下やトイレ用に企画されており、30秒~5分の設定が多いようです。
    患者さんが半睡時に、ちょっとした体動で点滅するとメンタル的に不調になるのが心配です。
    30分から1時間後に消灯するとか、減光モードがある機種が良いと思います。
  • 検知範囲がベッドや布団を狙える
    人感センサーの検知範囲は取扱説明書や設置要領書にかかれています。販売店のかたと相談してくだささい。
  • 発熱物を確認しておく
    人感センサーは患者さんの体温を検知します。布団からはみ出すなどセンサーからが見える部分の体温が低い方、小動物、暖房器具

こんな感じで、人感センサーを安定して動作するには色々心配すべきことがあります。
機種選びに困ったら、ご近所の電気店や弊社にご相談ください。