3Dゴーグル内のパトライトや、監視盤に貼付けた仮想ディスプレイにを、実世界のIoTノードの状態とリンクさせる。

寝たきりでも施設監視ができる。ニートでも圃場モニタできて、草刈りや除草剤みたいな実作業はおじいちゃんに頼んでリアルワールに介入できます的なディストピアを実装して参ります。

この目標を達成するために、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、空間状況認識、地理情報取り扱い能力を整備しています。ご相談をお待ちしております。