日本はエネルギーほぼ全量輸入地域なので、節約はした方がいいと思います。直近の同行には左右されることなく、弊社ではは省エネ、電力高効率利用制御、自然エネ、再生エネに向かいます。

具体的には以下の方針で臨んで参ります。

  • 消費増大時の不急付加停止など、不等率を上げる方向で節約します。
  • 未使用電力の機械的消費低減制御手法の提供します。
  • 過度な省エネで病気になると、社会的コストが増大します。波及コストを考慮した制御則の考案を進めます。
  • 無人化や機械化が進むよう努めます。
  • ビッグデータとして再利用が望める高品質なセンサーノードを実装します。