Make系雑誌で見かけることも多くなり、CQ出版社の定番テーマとなったRaspberryPiのお話です。

Raspberry Piの利点はこの手の制御ボードとしては比較的入手性が良いこと、価格が安いこと、オプション部品が多いこと、サンプルソースや実装済みのライブラリがあることです。入手性は、Amazon/eBay/Alibaba/RSonlineなど海外配送対応通販で買えるのが利点です。日本の大規模書店工学書コーナーでは、Raspberry piを置いてあるところもありました。例えば、東京駅丸の内北口のOAZO丸善とか。オプション部品は、安定性を高めるための冷却フィンや、様々な素材のケース、無停電電源やセンサーボード、小型液晶パネルもあります。USBやHDMI端子もあるので、普通に大画面テレビをつなぐことができます。サンプルソースは、Github以外にも検索すればザクザク出てきます。

欠点は、ボードバージョンが複数あって、外れに当たると信頼性に問題があること。起動しないとかプチフリですね。Linuxを動かすのに、ちょっと勉強うをしないといけないことと、勉強しても様々なバージョンアップで勉強やり直しになること。RaspberryPi用と書かれたオプションでも、すぐ動くわけでは無いこと、記事やサンプルコードの構成から一歩はみ出すと、急に難解になること。WiFiの接続がちょっと難しいこと。Bluetoothはもっと手間がかかること。などなど霧がありませんん。その証拠に、RaspberryPiの書籍や記事は世界中で発行されて続けていますし、ファンブログも長続きしません。

では、弊社のようなソフトハウスにRpaspberry Piを使用した機器構築を任せるとして、どのような利点と欠点があるでしょうか。
利点は、開発費の低減です。メインボードと周辺回路が安価に市販されているので、相当額を節約できますし、開発期間も短縮できます。欠点は、オープンソースに起因するトラブルが残ることと、Rasperry Piの信頼性に少々難があることです。外乱(電磁波、強磁気、直射光)で停止すること、運転維持のための冗長系が無いこと、何らかの定期保守が必要なこと、ストレージの寿命が短いことです。

弊社では、RaspberryPi互換の産業用シングルボードコンピュータの選定と実装をお手伝いします。IoTに絡むボード選定にお悩みでしたらご一報ください。