手持ちのデジタルストレージオシロが調子悪くなったので、パロアルトに本社のあるSaleaeのポータブルロジックアナライザLogic-pro8(純正品)を入れてみました。

proはUSB3.0対応で、Pro無しはUSB2.0対応の値段半額旧モデル。USB3.0でも転送を待つ事があるので、最近のパソコンを使っているならproがお勧め。
直販でも買えますが、送料を入れれば日本の販売店と大差なしです。秋月電子で全モデル扱ってます。

GOOD

  • 小型軽量、運搬容易
  • 入力電圧範囲がそこそこ広めで安心(MAX±25V,typ±10V)
  • サンプリング500Mspsでロジック100MHzの方形波が見える
  • プロトコルアナライザ機能もりだくさん(Serial, SPI, I2C, Atmel SWI, Biss-C, CAN, DMX-512, HD44780, HDLC, I2S, JTAG, LIN,MDIO, MIDI, Manchester, Modbus, 1-Wire, PS/2 Keyboard & Mouse, SMBus, SWD,Synchronous Parallel, USB, UNI/O)
  • アナログストレージオシロっぽいことができる。50Msps(条件付き)
  • テストクリップ等一式入ってるので、すぐ使える。
  • MacやLinuxの制御ソフトがある。頑張れば拡張できるらしい。
  • USBパワーHub経由で使える。

BAD

  • プローブハーネスの信号線にも黒が割り当てられているので違和感
  • USBが絶縁されてると安心だった。
  • プロトコルアナライザのジッタ判定が厳しい、規格を外れるとデコードしてくれない。規格を10%位外してくる実装は割と多いので厳しくしないでほしい。
  • フリートリガモードが無い感じ

割とお勧めです。