高齢になると、青が見えづらくなりますから、電球色や昼光色の電球を選ぶ必要があります。輝度変化に対応する能力が下がるので、部屋や動線に沿って均一照度で照明を配置すると転倒防止に繋がるそうです。また若年者より明るい照明が必要です。
高齢者の部屋は、複数光源による間接照明で広く明るく照らすこと、光源が視界に入らないようにすること、点灯消灯は徐々に点灯ゆっくり消灯するものがよさそうです。

弊社では、照明シミュレーションや景観シミュレーションを行い、ご家庭の事情に最適な照明環境を提案することができます。照明は生活リズムを創る基礎になります。ひと工夫した照明で、住みやすい部屋にしてください。