高齢者の居室はカビが育ちやすい環境であることがあります。
リフォームしない、家具の置き換えが無い、換気回数が減る、人の移動が少なく風が起きない。窓を開けないので通気不足など理由はいくらでも出てきます。
設備業者の目線で入室すると、家具裏側の壁がカビで汚染されていたり、コンセントに埃が積もって高湿度の際出火の恐れが見えます。

埃が積もるのは、横方向の風が吹かないからです。カビが生えるのは高湿度雰囲気が吐き出されないからです。

時々でもいいので、家具の裏や、別途の下に扇風機を当ててみてはどうでしょうか。
急に吹くと埃が舞うので、軽く掃除してからがいいと思います。